ファッショナブル BEAUTYLIFE 情報 商品

アイメイクが格段にUP!

アイメイクが格段にUP!

アイメイクが格段にUP!「プロ並みに仕上がる」ブラシの選び方

 

 

メイクの悩みで多いのが「グラデーションがうまく作れない」「塗っているうちに汚くなる」「雑誌の広告のようにきれいに発色しない」ということ。

 

 

せっかく新商品のアイメイクコスメを買っても、パレット付属のブラシやチップでは、仕上がりに限界があります。

 

 

 

 

1:ブレンディングブラシ

 

丸く束のような形状のブラシです。

 

 

写真のように毛長のものはアイホール全体に使ったり、鼻筋や頬骨のハイライトにも使えます。

 

 

毛が短めのブラシは目のくぼみに沿って陰を入れたり、眉頭下のノーズシャドウに適用します。

 

 

 

ナチュラルなツヤ目元から、外国人風のホリの深いグラデーションまで簡単に作れるので、アイメイクの道具を揃えるならこれは必須。

 

 

ブラシを寝かせずに、肌に立てて使用すると簡単です。

 

 

 

 

2:平筆

 

よく見かけるブラシといえば平筆です。

 

 

シャドウの濃淡の調節がしやすく、目頭やキワにも使いやすいもの。

 

 

パール感の強いシャドウを少量取り、下まぶたのキワに入れる時などにもおすすめ。

 

 

 

大きさも毛質もさまざまなので、何本か持っておくと使い分けができて便利です。

 

 

 

 

3:チップ

 

馴染みのあるメイク道具のひとつがこのアイシャドウチップではないでしょうか。

 

 

アイライナー代わりに濃いシャドウを目のキワに乗せる時など、狭い範囲に使えます。

 

 

アイシャドウを”置く”感覚で使用。

 

 

 

こするとツヤが出るブラシと違い、チップはこすればこするほど、シャドウの色がくすんでいくので注意してください。

 

 

 

 

4:スマッジブラシ

 

毛が短く小さいブラシのことです。

 

 

目のキワのラインや濃いシャドウをぼかすのに最適なので、今流行中のナチュラルアイメイクには必須。

 

 

毛が硬めのブラシを選ぶときれいにぼかせるので、アカ抜けた目元になります。

 

 

 

「付属があるのに、わざわざブラシを買うなんて……」と抵抗があるかもしれませんが、丁寧に扱えば何年も使用が可能です。

 

 

また、アイシャドウのグラデーションや繊細な色使いができるのでおすすめ。

 

 

 

メイクブラシなどのアイテムにお金をかけるのも、ワンランクUPな女子の秘訣かもしれません。

 

 

使用後は、ティッシュで拭き取ったり、月に2回は洗うなどして清潔に保ちましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ