ファッショナブル BEAUTYLIFE 情報 商品

春花粉を寄せ付ける

春花粉を寄せ付ける

春花粉を寄せ付けるNGファッションポイント

 

 

この時期「家に帰って来ても花粉が酷くて辛い目にあっている」と言う人も少なくないのではないでしょうか?それは、昼間に服についた花粉が原因になっている可能性が高いです。

 

 

 

【さらに写真を見る】春花粉を寄せ付けるNGファッションポイント

 

 

玄関から家の中に入るときに服の花粉を払うのは重要ですが、それ以前に花粉がつきにくい服選びも大切。

 

 

そこで今回は、花粉のつきやすい素材とつきにくい素材・花粉をつきにくくする工夫についてご紹介します。

 

 

 

■選ぶと危険な素材

 

◆ウール

 

冬のコートに使いやすいウールは、花粉をもっともくっつけやすい素材の1つです。

 

上着だけでなく、セーターやカーディガンなども要注意。

 

花粉が多い日の外出には避けたほうがいいといえるでしょう。

 

 

 

◆ファー

 

ちょっとしたアクセントとしてついているファーも花粉を吸い込みやすいです。

 

服以外にもバッグやキーホルダーなどにファーがついていないかチェックしてみてください。

 

 

 

 

■比較的花粉を寄せ付けない素材

 

 

◆ナイロン

 

ナイロン系の素材は花粉がつきにくく、ついても払い落としやすいのでオススメです。

 

フードなどの中にも花粉が溜まってしまうので、できればフードなしのものがいいでしょう。

 

 

 

◆綿

 

綿も意外と花粉がつきにくい素材です。

 

触ってみてスベスベしている物は花粉がつきにくいと覚えておくと、買い物をするときにも比較的簡単に見分けられますよ。

 

 

 

 

■静電気にも要注意

 

 

◆静電気除去スプレー

 

実は静電気は花粉を寄せ付けてしまうんです。

 

そこで、使えるのが静電気除去スプレー。

 

いちばん外側に着る服だけでもいいので、出かける前にシュッとスプレーしておきましょう。

 

 

 

 

◆柔軟剤

 

静電気を起こさないようにするには、柔軟剤が重要な役割を果たします。

 

柔軟剤で衣類の摩擦を少なくして、静電気を発生させにくくするのです。

 

ただし柔軟剤がNGの服もあるので、洗濯の時には注意してくださいね。

 

いかがでしたでしょうか?花粉を防ぐためには薬やマスクなど色々な方法があります。

 

今までの花粉対策に合わせて、これからは着る物にも注意をしてみると花粉シーズンを楽に乗り切れるかもしれませんよ!


ホーム RSS購読 サイトマップ